クリスマスに、家族や恋人とクリ

クリスマスに、家族や恋人とクリスマスプレゼントを贈り合う習慣は、キリスト教という宗教的なものを離れ、日本でも12月の大きなイベントの一つとなっています。この習慣の歴史は非常に古く、確認されるのは、古代ローマの時代までさかのぼる、と言われています。クリスマスプレゼントの予算は贈る相手が誰なのかと言うことで、かなり差が出ています。恋人に贈る場合は、ブランド品のアクセサリーやネクタイや時計など天井知らずな面がありますが、友人同士の場合は、小物類やフラワーバスケットなど5000円程度の品物が選ばれているようです。クリスマスプレゼントに贈るとまずいものと言うのはあるのか、というと、実はそれ程ありません。ただ、よく知っている相手ならいいのですが、余り親しくない相手に香水や化粧品を贈るのはちょっと難しいかもしれません。せっかく贈っても趣味に合わなかったということもあるからです。クリスマスプレゼントは金額ではありません。確かにチープな品よりも高価な品のほうが贈る方も、もらう方も見栄えがいいでしょう。しかしクリスマスプレゼントの本来の意味は金額ではなく心なのではないでしょうか、本当に相手のことを思って贈るプレゼントこそ真のクリスマスプレゼントと言えるのです。


RSS関連リンク
外国人彼氏クリスマスプレゼント
と言うのは、日本ほどクリスマスをお祝いしない国はないと言うことです。ヨーロッパあたりでは、彼氏、彼女を含めた家族をとても大切にするお国柄なので、何日も前からお祝いするそうですし、もちろんクリスマスプレゼントもしっかりあげるそうです。 ...
ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。