クリスマスプレゼントを誰に贈る

クリスマスプレゼントを誰に贈るのかと言うと、日本と西洋、アメリカでは大きな違いを見せています。外国では家族に贈る人が1番多いのですが、日本では、恋人や、友人同士で贈りあうということが多いようです。これは日本でのクリスマスが既に宗教から離れてしまっていることと関係があるかもしれません。クリスマスプレゼントに贈って喜ばれるものですが、恋人同士に限定して考えると、女性ならば、ブランドのアクセサリーや花、男性ならばネクタイ、財布などの小物類や、かなり値が張りますがブランドの時計などとなっています。予算は恋人同士なのでそこはかなり皆さん頑張っているようです。クリスマスプレゼントに普通の友達関係だと思っていた相手から、非常に高価なブランド品や手の込んだ手作りの品を贈られたら、やはり負担に思い、相手の気持ちを量りかねてしまうでしょう。そのことをよく踏まえ、贈る相手との距離感を考えて、相手の趣味にあまり踏み込みすぎない品を選びましょう。クリスマスプレゼントで思い浮かべるのがO・ヘンリーの「賢者の贈り物」という名作でしょう。この小説は本当の贈り物とは、相手のことを想って心をこめて贈るもので、お金ではないと言うことを教えてくれます。クリスマスがイベント化してしまっている現代の日本でも、原点に立ち返って考えてみる時が来ているのかもしれません。


RSS関連リンク
足裏ちゃん、お疲れ様
昨年のクリスマスプレゼントに 主人からもらったリフレクソロジーサロンのご招待チケット。これが終わったら、あれが終わったらと なかなかお店に出向くきっかけを失って、早9ヶ月。本日、ようやく癒される時間を持つことが出来ました。無期限チケットで本当によかった(T-

ぬんぬん
はほぼ毎回膀胱炎になりそうなくらい我慢しまくってました あれはつらかった? 彼はちょっと変でした。なんでかって言うと、クリスマスプレゼントにサボテンをくれたからです。「サボテンはナイ」って正直思ったけど、嬉しそうな顔をしておきました まあ2年以上付き合った

ううむ・・・
買ってくれた。「ごほうび」ということらしい。このところ忙しかった私への気遣いらしい・・・ありがとう。今までのカメラは、結婚した年のクリスマスプレゼントに夫が買ってくれた物。当時、まだデジカメは高くて、確か7万円近くした。すでに7年目に突入して
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。