クリスマスプレゼントを贈る習慣

クリスマスプレゼントを贈る習慣は古代ローマ帝国の時代から続いているそうです。日本ではキリスト教という宗教を越え、12月の大きなイベントの1つとなっています。また家族のプレゼントが大きな意味を持つ西洋と違い、恋人や友人とクリスマスプレゼントを贈りあうことが多く、家族は少なくなっています。クリスマスプレゼントの予算は贈る相手が誰なのかと言うことで、かなり差が出ています。恋人に贈る場合は、ブランド品のアクセサリーやネクタイや時計など天井知らずな面がありますが、友人同士の場合は、小物類やフラワーバスケットなど5000円程度の品物が選ばれているようです。クリスマスプレゼントに贈るとまずいものと言うのはあるのか、というと、実はそれ程ありません。ただ、よく知っている相手ならいいのですが、余り親しくない相手に香水や化粧品を贈るのはちょっと難しいかもしれません。せっかく贈っても趣味に合わなかったということもあるからです。クリスマスプレゼントで一番大切なこと、それは贈る相手のことを一生懸命に考えて選ぶことであって、品物の値段の上下ではありません。心をこめて贈れば、高価な品物ではなくてもきっと相手に気持ちは伝わるはずです。きれいごとのようですが、心がこもっていない品はもらったときに分かるものです。


RSS関連リンク
ビアトリクス・ポターのスケッチ
の貢献など、ビアトリクス・ポターを知るには最高の一冊です。もちろん、代表作のピーターラビットの絵本はどれをとっても宝石のような本です。ユーモアと上品なアイロニーにあふれていて、これは絶対手元におきたい本です。私は、娘へのクリスマスプレゼントという大義名分で購入し

なんだ壊れてなかったのね...
うちの旦那さんBruce Almightyはテレビがなくってもいい、 というタイプで、 自分でテレビをかったことはなく、 独身のときはクリスマスプレゼントにもらったりしていました。2000年、シドニーオリンピックの直前に 14インチのテレビだと 一生の思い出がよく見れない、ということで ターゲットで21インチの199ドルの

アップル『iPhoneの新作を発表!』
新作がでますねぇw 皆はもうチェック済み??それとも今知った?俺の場合は、知ってましたが。。。チェックまでは及ばず。。欲しいなぁww つうヵ、親買ってくれvv クリスマスプレゼントとして!(遅っ!!!
ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。