クリスマスプレゼントを贈る習慣

クリスマスプレゼントを贈る習慣は古代ローマ帝国の時代から続いているそうです。日本ではキリスト教という宗教を越え、12月の大きなイベントの1つとなっています。また家族のプレゼントが大きな意味を持つ西洋と違い、恋人や友人とクリスマスプレゼントを贈りあうことが多く、家族は少なくなっています。クリスマスプレゼントに何を贈れば、相手が喜んでくれるのか、ということは頭を悩ませる問題です。アンケートによると、女性はブランドのアクセサリーや花、男性はネクタイや時計、小物類など実用的なものが多いようです。予算はあまり見栄を張らず、できる範囲で考えましょう。クリスマスプレゼントに高価なブランド品や手作りの品を贈る時は、もらった相手が負担に思わないかどうかよく考えましょう。せっかく贈っても相手が戸惑ってしまってはだいなしです。今風に言うならば「ドン引き」されてしまっては贈った気持ちまで無駄になってしまいます。O・ヘンリーの「賢者の贈り物」というクリスマスプレゼントがテーマの短編をご存知の方も多いと思います。互いに相手のことを思いやる、若い夫婦の話ですが、この小説を読むとクリスマスプレゼントは金額ではなく、心だと実感します。大切な人のプレゼント、心をこめて贈りましょう。


RSS関連リンク
☆関ジャニ∞バトン☆
いから外はいやぁ! 外以外ならどこでもー」 季節には勝てない 大倉忠義 Aかな??安についていきまーす!!Q2.クリスマスプレゼントに彼がくれた物は??A.「はいこれ。ほしいゆうてたやろ?」 欲しかった指輪をくれる 村上信五 B.

単純な私!
/kiyolavu.blog80.fc2.com/blog-entry-350.html ---------- ポケモン 闇の探検隊 子供が「時の探検隊」をクリスマスプレゼント前倒しで ばあばに貰うと言うのでw、私は「闇」の方を買いました。ゲームの感想。とにかくぬるい。子供向け

ポケモン 闇の探検隊
子供が「時の探検隊」をクリスマスプレゼント前倒しで ばあばに貰うと言うのでw、私は「闇」の方を買いました。ゲームの感想。とにかくぬるい。子供向けだからかなー。今はギルド卒業してわが子の救助したりWiFiで見知らぬ人を救助してます。それにしても

クリスマスプレゼントを贈るとい

クリスマスプレゼントを贈るという習慣の歴史は非常に古く、何と古代ローマ時代には、クリスマスシーズンに贈り物を交わしていたそうです。日本ではクリスマスは宗教的なものから離れて、年末の大イベントとなっており、大切な人に心をこめたプレゼントを探すことも大きな楽しみとなっています。クリスマスプレゼントの予算は贈る相手が誰なのかと言うことで、かなり差が出ています。恋人に贈る場合は、ブランド品のアクセサリーやネクタイや時計など天井知らずな面がありますが、友人同士の場合は、小物類やフラワーバスケットなど5000円程度の品物が選ばれているようです。クリスマスプレゼントに高価なブランド品や手作りの品を贈る時は、もらった相手が負担に思わないかどうかよく考えましょう。せっかく贈っても相手が戸惑ってしまってはだいなしです。今風に言うならば「ドン引き」されてしまっては贈った気持ちまで無駄になってしまいます。O・ヘンリーの「賢者の贈り物」というクリスマスプレゼントがテーマの短編をご存知の方も多いと思います。互いに相手のことを思いやる、若い夫婦の話ですが、この小説を読むとクリスマスプレゼントは金額ではなく、心だと実感します。大切な人のプレゼント、心をこめて贈りましょう。


RSS関連リンク
エプロン
3★0622】 ARMEN APRON STYLE WRAP-OVER DRESSSMALL CHECK(アーメン) 『WR2320 防水エプロン グリーン L』 (税別3000円以上送料無料 10月1日9:59AM迄) クリスマスプレゼントに・・・OLD NAVY オールドネイビークリスマス・キッズエプロン(エルフ) 【お誕生日のプレゼントに!】大人気商品!ディズニーキャラクターエプロンDisneyディ

小説専攻科&第11期の講義予定
火」 9/29(土)作品指導 講師:堀晃先生 「魚屋の息子」 「再会」 「連れ合い」 「いつか願いが叶うまで」 「満月の夜に」 「クリスマスプレゼント」 「蚊」 「鬼の相談」 「葬式のにぎわい」「死に至る愛」「バカの時代」 10月6

弱ったなぁ、、、むぅ。
けど2万曲はいるやつがいいなぁ; 僕の大好きな歌をいれればそれくらいいくだろうし・・・w お給料で考えr・・・ むしろクリスマスプレゼントに誰か下さい!!(爆 まぁおいておくとして。 レミオロメン:太陽の下 レミオロメン:茜空 レミオロメンは声が好きですw なんか素敵すぎ
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。