クリスマスプレゼントを贈るとい

クリスマスプレゼントを贈るという習慣の歴史は非常に古く、何と古代ローマ時代には、クリスマスシーズンに贈り物を交わしていたそうです。日本ではクリスマスは宗教的なものから離れて、年末の大イベントとなっており、大切な人に心をこめたプレゼントを探すことも大きな楽しみとなっています。クリスマスプレゼントに何を贈れば、相手が喜んでくれるのか、ということは頭を悩ませる問題です。アンケートによると、女性はブランドのアクセサリーや花、男性はネクタイや時計、小物類など実用的なものが多いようです。予算はあまり見栄を張らず、できる範囲で考えましょう。クリスマスプレゼントに普通の友達関係だと思っていた相手から、非常に高価なブランド品や手の込んだ手作りの品を贈られたら、やはり負担に思い、相手の気持ちを量りかねてしまうでしょう。そのことをよく踏まえ、贈る相手との距離感を考えて、相手の趣味にあまり踏み込みすぎない品を選びましょう。クリスマスプレゼントで一番大切なこと、それは贈る相手のことを一生懸命に考えて選ぶことであって、品物の値段の上下ではありません。心をこめて贈れば、高価な品物ではなくてもきっと相手に気持ちは伝わるはずです。きれいごとのようですが、心がこもっていない品はもらったときに分かるものです。


RSS関連リンク
私とアルバイト!
のお店では、毎年クリスマスイヴに、社長さんから鶏の丸焼きをもらえるんです。社長さんからのクリスマスプレゼントなんですが、すごく嬉しかったですね。家に持って帰ると家族がビックリしてました。正月には酒屋さんらしくお酒をプレゼントしてもらえたり。いつもは

アンティーク人形・・・といってもブーフーウーです
昭和36?37年頃のものではないでしょうか。よく覚えていないのですが、冬休みに京都の伯父の家に遊びに行くと 決まってクリスマスプレゼントが用意されているのでした。これは、その時にもらったひとつです。その頃、NHKの「お母さんといっしょ」で三匹の

プレゼントやばやばです。
し、ご希望の方へプレゼント致しました[:プレゼント:]旅行博に行けなかった…[:ポロリ:]、DVD欲しい!というブログを読んで頂いている方へ、DVDをプレゼント致します[:... クリスマスプレゼントをどうしよう 主人の家族は毎年お互いに皆プレゼントをする習慣があり

クリスマスプレゼントの習慣は古

クリスマスプレゼントの習慣は古代ローマ帝国時代からあったそうです。日本では宗教色はほとんどなく、恋人同士や友人同士で贈りあうことが多いようです。また、贈る相手も外国では家族が最も多いのに対して、日本では家族に贈るという割合は、非常に少なくなっています。クリスマスプレゼントの予算は贈る相手が誰なのかと言うことで、かなり差が出ています。恋人に贈る場合は、ブランド品のアクセサリーやネクタイや時計など天井知らずな面がありますが、友人同士の場合は、小物類やフラワーバスケットなど5000円程度の品物が選ばれているようです。クリスマスプレゼントとして人気の品はよくテレビなどでも紹介されていますが、では贈らない方がいいものと言うのはあるのでしょうか。あまりこだわる必要はないのですが、高価なものや、手作りの品を送るときには、もらった相手が負担に思わないかどうかよく考えてから贈るようにしましょう。クリスマスプレゼントは金額ではありません。確かにチープな品よりも高価な品のほうが贈る方も、もらう方も見栄えがいいでしょう。しかしクリスマスプレゼントの本来の意味は金額ではなく心なのではないでしょうか、本当に相手のことを思って贈るプレゼントこそ真のクリスマスプレゼントと言えるのです。


RSS関連リンク
久しぶりすぎw
悪かったらしく・・・ ピキピキやらパキパキって音をリアルに聞く機会が来るとは思わなかったorz 二代目は二世代目の青、誕生日とクリスマスプレゼントを生贄に捧げて召喚 ・携帯を買い替えました 放置する前の出来事ですが、報告してなかったので W22SA(青)→W47

短大幼児保育学科恒例の音楽・ダンスと
★ 今年は皆さんに「夏の思い出」をテーマにした ダンス☆音楽☆特大紙芝居をお届します。。。あなたの思い出は何ですか?★幼児保育学科2年★ ミュージカル「くるみ割り人形」。マリーがもらったクリスマスプレゼント。それは、くるみを割るという「くるみ割り人形」。その

wiiのスマッシュブラザーズWi-Fi対戦可能
11月にはマリオギャラクシーも発売されますし 年末は任天堂史上最大級のラインナップになりそうです 今は比較的、wii本体が買いやすいので クリスマスプレゼントなどにお考えの方は早めに買われる事がオススメです 年末は品切れ続出だと思いますので アマゾンでも今なら定価で買えます Wii
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。